福島応援ツアー1 D1GPエビス編

posted in: Kids 2011, RX7 | 0

2011.08.06~07
D1GP Rd.7を観戦するために、震災から復興に向けて頑張る東北へ「福島応援ツアー」として、8月6日の夜から9日まで家族で行ってきました。

7日の朝東京駅からの始発新幹線に乗るため、前日6日の夜東京へ。
この宿泊費をなるべく安く済ませるために、人生初のカプセルホテルに泊まってみました。
カプセルホテル

ファーストイン・京橋
使いませんでしたが、シャワーや コインランドリーもありWeb予約で3000円以下で泊まれました。
まあ、一度経験すればもういっかな

7日の朝、新幹線始発で郡山まで。ここからレンタカーでエビスサーキットへ。
高速を降りてからコンビニに寄ろうと思ったら、途中になかった

はじめて訪れたエビスサーキット、席につくまで歩く通り道がピットロードとなっており常にピットウォークができてしまう感じで、D1マシンとチームにすごく近づけるアットホームな良い雰囲気です。

 空飛ぶ86|単走Final

※以下のHDR&BleachBypassフォトはクリックで拡大表示

D1 2011 エビス 田所 義文  トレノ(AE86)

D1GP 2011 エビス 地主亮治 ソアラ(JZZ30)

単走ではエビスを走りこんできたという斎藤太吾選手が大迫力の走りを見せるも、最終コーナーでジャンプするブチギレた走りを見せた日比野選手が審査員2人から100点満点を叩き出して優勝。

応戦してる雨宮の末永正雄選手は9位、RX-7のたかやまけんじ選手は6位と好位置につける。

天も荒れる追走トーナメント

D1GP 2011 エビス 追走1st stage たかやまけんじFD3S vs 内海彰乃S15

RX-7 たかやま選手がここで追走1st(ベスト24)で敗退とセブン乗りとしては悲しい結果

D1GP 2011 エビス 追走1st 田中一弘S15 vs 廣田友和GS350

この追走トーナメント最高のレースは、単走で優勝の日比野 vs 2位の太悟。

D1GP 2011 エビス 追走 太悟 vs 日比野

リップとガーニー?が追加、インタークーラ変更され、ドアをカーボンで軽量化と戦闘力をあげたRX-8末永正雄は、3位決定戦で敗れるも4位と健闘。

D1GP 2011 エビス 追走トーナメント 手塚 vs 末永(正)

雷雨中断をはさみ、追走Finalへ。
路面が濡れている悪コンディション、でもそんな時でもこの二人はレベルの高い走りを見せてくれる。
2本目は攻める必要がないの攻めて川端自滅というオチはあったけど(流石TOYOのエースオチは忘れない)

D1GP 2011 エビス 追走 川畑 vs 今村

 決勝戦はランキング1位と2位の直接対決に。1本目から勝負に出た太悟に今村が合わせきれず、コンクリートウォール激突と壮絶な最後のとなり、太悟選手が優勝

楽しかったD1GP 2011 エビスサーキット、最後はコースにマシンと選手が勢ぞろいし、ファンと交流。
こんな所も最後まで観戦したファンには嬉しい演出。

D1GP 2011 エビス

僕らもしっかり末永選手にサインをもらい記念撮影あれ?ぐっちーのがデカイ

D1GP 2011 エビス 末永正雄選手と

戦闘力の上がってきたRE雨宮 RX-8セントレアと富士に期待

D1GP 2011 エビス RE雨宮 RX-8

まだまだこれ以外にもD1GP エビスの写真素材は沢山あるので、また少しずつHDRを作成してアップしていきます。

よろしければこちらもご覧ください。
・D1GP 2011 Rd.7 エビス 単走Final|動画
・D1GP 2011 Rd.7 エビス 追走|動画

Leave a Reply

CAPTCHA